ヘアカットに関する情報が満載!

美容師もアシスタントの方が接客時間が長い

ヘアサロンに於いて、美容師であっても階級による立場の違いは、圧倒的に差が付くものです。
見習いのインターンは、専門学校を卒業して美容師免許を持っている者、中習いのアシスタントはインターンからの昇級者、そしてカットの行えるスタイリストと厳しい階層に分かれています。
お客様に行う作業も、インターンなら雑用とシャンプーのみ、アシスタントならパーマ、カラー、トリートメントとドライヤーが追加されて、スタイリストは最初のカウンセリングとカット、最後のセット、その後のクレーム処理が有ればやり直し等の責任を負い、部下への技術指導が有ります。
その分給料にも歴然とした差が有ります。
忙しい者ならばカラーやパーマは部下に任せているので、最初と最後しか来ないという事態も有ります。
客としてはスタイリスト本人よりもアシスタントの方が時間が長いという事も有り、腕の良い者の弟子ならばと人事異動の際には晴れて昇格した際に、指名される場合も有ります。

美容師のアシスタントの仕事内容

美容師の助手の仕事はよく激務と言われますが、確かにその通りのハードな仕事内容であることがほとんどです。
仕事はまず朝一番で仕事場に付き、夜は一番最後まで残って雑用を片付けてから帰る勤務形態が普通です。
そこでこなす仕事内容も、付いている美容師の補助的な仕事から、それ以外の商品管理やシャンプー、掃除といった美容関係の仕事とそれ以外の雑用も合わせてこなさなくてはいけません。
なかでも一番ハードなのが来客の髪をシャンプーをする仕事で、これを毎日ひっきりなしに繰り返すことによりアシスタントの手は常に手荒れと縁が切れない状態になります。
しかしそういった中で必要な技術を効率よく覚えていかなければ、いつまでも助手といった立場からは抜け出せません。
ところがそれですらも、作業をすべて任せてもらうことが少ないので、短期間の間に仕事と接客術を体得するのは難しいでしょう。
さらにアシスタントの仕事は薄給であるため、お金の面でも苦労することになりますがその時期をうまくやり過ごして仕事を覚えていけば、いずれ立派な美容師として一本立ちできるようになります。

pickup


wifiレンタル 国内


最終更新日:2020/3/12

『アシスタント 美容師』 最新ツイート

@hiiiii__kn

@A48600077 はい、今はアイリスト メインでたまに美容師の アシスタントしてます💇‍♀️✨

2時間前 - 2020年03月28日


@nekobusmofu

10年ほど同じ美容師さんにやってもらってたけど、 最近は辞めたアシスタントさんの愚痴や他にも愚痴を言われて、聞くのが嫌になってきてた。 お金払ってきれいにしてもらうのに終わったあとすっきりしなくて、とうとう美容院変えた。 やっぱりお金払ってるし客として大切に扱ってほしかった。

5時間前 - 2020年03月28日


@lucky_punchic

美容室で前髪にパーマかけられて、変な髪だと思ったけど美容師とアシスタントに「かっこいいですよ」と言われて、次の日に会う人すべてに「変な髪」といわれて、あいつらは嘘つきだとわかった。

5時間前 - 2020年03月28日



このページの先頭へ▲